畳のメリット・デメリット

スクールバス

0120-946-887

10:00 - 19:00

ぺージタイトル画像

畳のメリット・デメリット

BLOG

2018/04/06 畳のメリット・デメリット

日本で昔から床材として使用されてきた畳。

最近では琉球畳やカラー畳などデザイン性のあるものが増えていますよね。

 

025

 

畳床は伝統的には藁で作るものでしたが、

現在ではポリスチレンフォームなどの新建材製のものが多く、藁などの自然素材を使ったものは費用がかさむことに。
関西、関東など地方によって昔からある伝統的なサイズが異なりますが、いずれも縦横の比率は1:2。

 

 

 

畳のメリット

畳表の素材であるい草には天然の抗菌作用、また浄化作用があるため、湿度の高い日本の気候にぴったりです。

畳の張替えや表返しなど、メンテナンスによって使い続けられることも大きなメリットでしょう。

そしてそのクッション性と裸足で歩いてもカーペットなどに比べて格段に感触がよいことも特徴(メリット)のひとつ。

 

 

畳のデメリット

デメリットとしては畳表の素材であるい草がデリケートで磨耗しやすい点、

フローリングなどと比較して少しお手入れに手間がかかり、高温多湿の環境ではダニやカビが発生する可能性がある点が挙げられます。

 

以上、参考にしてみてくださいね。

 

○●—————————————————-●○
SCHOOL BUS|大阪のリノベーションならスクールバス

電話番号 06-6205-3733
住所 〒541-0041
大阪府大阪市中央区北浜1-5-8 SENSEISHA BLDG. 1F
営業時間 10:00-19:00
定休日 水曜・祝日
○●—————————————————-●○

TOP