建物チェックポイント

スクールバス

0120-946-887

10:00 - 19:00

ぺージタイトル画像

建物チェックポイント

Checkpoint & Building inspection 01建物チェックポイント

同じようなマンションでも、建築年数や管理会社によって可能なリノベーションは変化します。

また、不動産会社が行う物件見学では通常見ることがない部分で、

希望していたリフォームができないということも起こりえます。

ここでは、部位ごとにどうリノベーションできるのかをご紹介します。

222

01.天井

マンションでは、構造体コンクリートの裏側までが共有部分。

配管位置を確認し、構造上問題がなければ天井を上げることができます。

02.窓

外側に影響の出るサッシの交換は通常できません

ただし、規約によって指定されたサッシで交換可能な場合もあります。

03.内装

住戸の内側は購入者の所有となるため、

壁材や天井材の張替えや、塗り替え、扉の交換などが可能です。

04.パイプスペース

住戸内にあるスペースですが、

上階住居への給排水などに使われる共有スペースですので移動はできません

05.バルコニー

専有部分と見られがちですが、

避難経路などに使われる共有部分ですのでリフォームはできません

06.床

床下に空間がある場合、収納を新設可能。

床暖房は床下の配管状況によって電気式かガス式かを設置できます。

07.コンセント

コンセントは自由に増やせますが電力量は決められているため、

総容量を考慮する必要があります。

08.水まわり

床下の配管の状況によって移動できる範囲が変わります。

配管が下階の天井裏を通る場合は移動できません。

09.玄関

玄関ドアは外側が共有部分となるため、交換や塗り替えはできません。

内側のみ塗り替えなどのリフォームは可能です。

外からは見えない箇所でリノベーションできるかどうかが左右されることも多いため、

どこをどうリノベーションしたいかが明確な場合は、

物件を購入する前に専門家に相談してみましょう。

Checkpoint & Building inspectionマンションチェックポイント・建物検査

CONTACT US

CONTACT US

〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜1-5-8
SENSEISHA BLDG. 
[ 営業時間 ] 10:00-19:00 [ 定休日 ] 水曜・祝日

TEL.0120-946-887

TEL.0120-946-887

ショールーム3

TOP