マンションリノベ向き施工法(二重床)

スクールバス

0120-946-887

10:00 - 19:00

ぺージタイトル画像

マンションリノベ向き施工法(二重床)

Reform & Renovation 04マンションリノベ向き工法(二重床について)

006

マンションリノベーションで人気のフローリングですが、

床をフローリングにすると足音が響きやすくなり、

近隣トラブルになることも少なくありません。

そこで、防音対策として注目を集めているのが「二重床」。

その二重床の構造や、メリットについて詳しく解説します。

『直床』と『二重床』の違いとは?

二重床

二重床とは、スラブ(コンクリート射体)とフローリングの間に空間を設ける工法。

遮音性の高さとリフォームのしやすさが特徴です。

%e4%ba%8c%e9%87%8d%e5%ba%8a

〈遮音性〉★★★★★

物音が直接下に響くことがないので遮音性が高くなります。

〈メンテナンス性〉★★★★★

スラブとフローリングの間の空間に配管や配線を通すので、交換しやすくなります。

〈リノベーションのしやすさ〉★★★★★

床下にスペースがあるため、配管の自由度が高く、床の高さを変えずに水回りを移動できます。

直床

直床とは、マンションのスラブ(コンクリート射体)に

直接フローリングやカーペットを貼る工法。

遮音性は劣りますが、二重床に比べて天井が高くなるというメリットがあります。

%e7%9b%b4%e5%ba%8a

〈遮音性〉★★★☆☆

振動がコンクリートに対して直接的に伝わりやすい構造になっています。騒音が気になる場合は、フローリングの下にクッション材を付けて補うケースがあります。

〈メンテナンス性〉★★★★☆

配管がスラブに直接打ち込まれている場合はメンテナンス性は★☆☆☆☆。しかし、水回りのみ二重床を採用しているケースがほとんどなので、この場合のメンテナンス性は二重床と変わりません。

〈リノベーションのしやすさ〉★★★☆☆

水回りの移動距離が制限されるほか、配管を通すために床が少し高くなり、段差が生じてしまうこともあります。

マンションの間取りを大きく左右する床のリノベーション。

防音効果もあり、将来リフォームする際にも便利なので、

マンションリノベーションを考えている方は「二重床」を選択肢に入れておくといいでしょう。

Reform & Renovationリフォーム・リノベーションのこと

CONTACT US

CONTACT US

〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜1-5-8
SENSEISHA BLDG. 
[ 営業時間 ] 10:00-19:00 [ 定休日 ] 水曜・祝日

TEL.0120-946-887

TEL.0120-946-887

ショールーム3

TOP