中古物件購入の流れ

スクールバス

0120-946-887

10:00 - 19:00

ぺージタイトル画像

中古物件購入の流れ

Study renovation 03中古物件購入の流れ

中古物件をご購入するまでの流れはご存知でしょうか?

まず「不動産ご購入申込書」への記入から物件の詳細調査、

リノベーション費用のことや、引き渡し時期、お支払い方法の交渉など・・・

意外と項目が多かったりするのです。

購入を決めてから、売買契約までの流れを簡単にご説明します。

ショールームでの打ち合わせ

1.ご購入物件の決定・購入の申し込み

購入する物件が決まったらまず、「不動産ご購入申込書」をご記入いただきます。

そこから、売主様と条件面などの交渉がスタートします。

その物件がリノベーションに際して不備が無いかなどの確認・調査もあわせて行います。

2.ローン事前審査

契約後に「ローンが通らなかった!」という事態を避けるために、

住宅ローンをご希望のお客様はこの時点で、

ご希望の金融機関に「融資事前審査のお申し込み」をします。

合算ローンを取り扱うリノベーション会社であれば、リフォーム費用も合算してローンを組むことも可能です。

3.媒介契約の締結

売主様との「不動産売買契約」を交わす前に、

不動産会社またはリノベーション会社とお客様との間で、

媒介契約の締結」をします。

e879288fc89975645488eca73265325e_s

4.重要事項説明

ご契約の前には、宅地建物取引主任者の資格を有する者が、

「重要事項の説明」を行います。

重要事項で説明を受ける内容は大きく分けて「対象物件に関する事項」と「取引条件に関する事項」のふたつ。

購入を考えていた中で確認・認識していた情報と異なるような事項はないか、きちんと確認しましょう。

法律上の事ですので、難しい用語などが使われている場合もございますが、

疑問点がないようにしっかりと確認しましょう。

4.売買契約の締結・手付金のお支払い

重要事項の説明が終わると、いよいよ契約の手続きです。

条件交渉で合意した事項を盛り込んだ「不動産売買契約書」を用いて

契約を締結します。

ご納得いただいた上で、ご署名・ご捺印をいただき

手付金を支払ったら、正式な契約となります。

▼買主様が不動産売買契約時に用意するもの

e879288fc89975645488eca73265325e_s

●手付金(売買価格の5~10%が目安)

●印鑑

●仲介手数料の半額

●収入印紙代(売買金額によって額面が異なります)

●ご本人確認書類(運転免許証など)

※ご本人(共有者含む)が契約に出席出来ない場合、ご本人の委任状と印鑑証明書が必要になります。

▼ローン事前審査申し込みに必要な書類

b4779a33543ca993589e3ffcf4c74297_s

●ローン審査申込み書

●ご本人確認書類(運転免許証など)

●勤務年数を確認できる書類(健康保険証など)

●年収を確認できる書類(源泉徴収票など)

●リフォーム概算見積書

※上記以外にも必要になる場合がございますので、詳しくはお問い合わせください。

中古物件を購入するまでには、様々な手続きが必要となります。

「不動産売買契約時」「ローン事前審査申込」などに

必要な書類がそれぞれありますので、事前に用意しておきましょう。

Study renovation中古を買ってリノベーションの基本

CONTACT US

CONTACT US

〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜1-5-8
SENSEISHA BLDG. 
[ 営業時間 ] 10:00-19:00 [ 定休日 ] 水曜・祝日

TEL.0120-946-887

TEL.0120-946-887

ショールーム3

TOP