リノベーションスクール

スクールバス

0120-946-887

10:00 - 19:00

ぺージタイトル画像

リノベーションスクール

大阪のリノベーション会社「スクールバス」が
運営するリノベーションスクール

「スクールバス」がお届けするリノベーションの為のお役立ち情報

リノベーションのことなら大阪市中央区にある「スクールバス」にお任せ。
実際にリノベーションしたいけど、どうしたらいいかわからない方に向けて、お役立ち情報を発信していきます。

新築or中古リノベーション

資産価値の目減りが少ないのが中古リノベーションの特徴です

戸建て住宅

新築に比べ、価格が低く、購入後の価格下落も穏やかなのが中古住宅の特徴です。
リノベーション費用をかけても新築に比べリ
ズナブルに住まいを取得できるだけでなく、資産価値の目減りが少ないといえます。
また、リノベーションをすることで、価値が
高まり、次世代へ優良なストックを引き継ぐことができます。

新築マンションと中古マンション、それぞれのメリットとデメリット

リビング

メリット

新築マンションは、きれいで新しく、セキュリティが最新です。
中古マンションは、新築に比べ安く、立地を選ぶことができ物件が豊富です。
資産価値が安定で、管理状況が解り、実際の眺望や光や風をチェックすることができます。
また、リノベーションすることで、間取りやデザインが自由、工期も短くてすみます。

デメリット

新築マンションは、価格が高く、資産価値の目減りが早く、次に売ろうとしてもそう高くは売れません。
また、同じデザインで希望エリアの物件が品薄、新築となると工期が長くなります。
中古古マンションは、マンションはそのものが古く、サッシ、ベランダ、玄関ドアの共用部分は個人判断で取替できません。

中古のリノベーションは戸建てかマンションどっち?

自分のライフスタイルや目的に合わせて選択が必要です。

女の人が考えている所

戸建て

維持管理費用・・・個人で維持管理の為、貯蓄が必要です。
駐車場・・・敷地内にあれば、駐車代はかかりません。
騒音、プライバシー・・・下階が無い為、神経質にならなくてすみます。また地域の交流が多いのも特徴です。
アクセス・・・駅近くは高く、郊外になる事が多いです。
将来の売却・賃貸・・・駅から遠いと不利な場合があり、賃貸の場合管理が大変です。

マンション

維持管理費用・・・管理組合が維持修繕管理管理費、修繕積立金必要になります。

駐車代・・・駐車場の負担が必要です。
騒音、プライバシー・・・ 隣人、上下階の配慮が必要です。
アクセス・・・戸建てと比べて駅近を選びやすく便利です。
将来の売却・賃貸・・・駅近のマンションは有利、管理がし易くなっています。

何から始めたらいいの?

先ずはイベントや相談会に参加しよう!

紙にペンで書く

・期的に開催されている相談会に参加する。
流れ、資金やローン、エリア相談、物件検索、プラン相談など具体的な方向性を見つけます。)
・リノベーションの先輩クルーの家を見学、意見交換する。
リノベーションして生活しているお家を拝見し、自分の理想のスタイルを見つけましょう。
スクールバスには様々なテイストの先輩(クルー)が沢山います。

始める目安期間について

手に載せたバス
一般的に、相談から家探し、リノベーション、完成お引越しまでの期間は平均5~6ヶ月、エリアによっては物件数が少なく1年になる事もありますので、お早めに始められる事をお勧めしております

住宅ローンとリフォームローンをセットでお得に!

豚の貯金箱

「スクールバス」では、提携銀行にて「物件代金」と「リノベーション費用」を合わせて組む事が可能です。
金利が高くなるリノベーション費用(リフォームローン)は、物件代金の金利に合わせる事ができるので大変お得です。

減税について

電卓

メリット1

10年間で最大400万円の住宅ローン控除

メリット2

中古住宅購入時の登録免許税が減額
建物所有移転:2.0→0.3%
抵当設定:0.4%→0.1%

メリット3

中古住宅購入時の不動産所得税が減額
土地:45,000円以上軽減
建物:建築年によって変動

※登録免許税の軽減を受けようとする場合は、所有権移転登記前に市区町村より住宅家屋証明書を取得しておく必要があります。
ただし、築25年以上の中古マンションについて住宅家屋証明書の取得を申請する際には、市区町村窓口に耐震基準適合証明書を提出する事を要しますので、決済日に先立ち、あらかじめ耐震基準適合証明書を取得しておく必要があります。
※不動産取得税については、昭和57年1月1日以降の築であれば耐震基準適合証明書は不要です.
※45,000円又は、(土地1m2当たりの固定資産税評価額×1/2)×(課税床面積×2(200m喂度)×3%)

中古リノベーション物件のチェックポイント

手帳を持っている男性

リフォームの専門家と相談して物件が選べます。
同じような物件でも、建築された年月や管理会社によって、可能なリノベーションが変わってきます。
不動産会社が行う物件見学では見る事が無い部分で、希望していたリフォームが出来ないという事もあり得ます。
我々リノベーションの専門家が、ご希望されているプランの工事が可能な物件かという事を前提に、物件の構造や管理会社の工事規約なども確認していきます。

各チェックポイント

天井

構造体コンクリートの裏側までが共有部分です。
配置を確認し、構造上問题なければ天井を上げることができる。

外観に影響の出るサッシの交換は通常できない。
規約によって指定されたサッシで交換可能な場合もある。

内装

住戸の内側は購入者の所有となるため壁材や天井材の張替えや塗り替え扉の交換などが可能です。

パイプスペース

住戸内にあるスペースだが上階住居への給排水などに使われる共有スペースなので移動ができません。

バルコニー

專冇部分と見られがちだが、避難経路などに使われる共用部分となるためリフォームができません。

床下に空間がある場合、収納が新設でき、床暖房は床下の配管状況により電気式、ガス式を選ぶようになる。

コンセント

コンセントは自由に増やせるが、一戸の電力量は決められているため、総容量も頭に入れて増やさないといけない。

水まわり

床下の配管の状況によって移動できる範置が変わる。
管が下階の天井裏を通る場合が移動できません。

玄関

玄関ドアは外側が共用部分となるため、交換や塗り替えはできません。
塗り替えなどのリフォームは可能です。

CONTACT US

CONTACT US

〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜1-5-8
SENSEISHA BLDG. 
[ 営業時間 ] 10:00-19:00 [ 定休日 ] 水曜・祝日

TEL.0120-946-887

TEL.0120-946-887

ショールーム3

TOP