所得から考える”返済比率”とは

スクールバス

0120-946-887

10:00 - 19:00

ぺージタイトル画像

所得から考える”返済比率”とは

Cost of renovation 04所得から考える"返済比率"とは

住宅ローンで中古住宅を購入する時、総返済負担率はどれくらいでしょうか。

総返済負担率とは収入に対する返済額の割合のこと。

住宅ローン貸し出し可能額は価値によって変わるので

シミュレーションしておくのがおすすめです。

そこで、総返済負担率の目安をご紹介します。

cba1c0fc252c06195037e7eff5b4d820_s

住宅ローンの無理のない総返済負担率は

年収の額に対して、25%以内が目安と言われています。



ちなみに総務省統計局の「家計調査年報(家計収支編)2015年」によると、住宅ローン返済世帯の総返済負担率の平均は20.2%。

上記をふまえると、年収に対するローン返済額は20%以下に押さえておくのが理想的と言えます。

では総返済負担率を20%として、住宅購入価格の目安を考えていきましょう。

▼年収300万円の場合、中古物件価格の目安

年収300万円の場合、年間のローン返済額を年収の20%として計算すると

年間返済可能額は60万円。月平均にすると5万円が上限となります。

30年返済で金利1.5%でだと1,448万円、金利2.0%だと1,352万円。

仮に頭金を2割程度用意できたとすると1,600万円~1,800万円程度の中古物件が購入可能になります。

▼年収500万円の場合、中古物件価格の目安

年収500万円の場合、年間のローン返済額を年収の20%として計算すると

年間返済可能額は100万円。月平均にすると8.3万円が上限となります。

30年返済で金利1.5%でだと2,404万円、金利2.0%だと2,245万円。

仮に頭金を2割程度用意できたとすると2,600万円~2,800万円程度の中古物件が購入可能になります。

また総返済負担率の計算法ですが、

総返済負担率=月々の返済額÷月々の収入額

で求められます。


例えば月収が30万円で月々に9万円の返済額があるとすると、

総返済負担率は9÷30=0.3、となり30%になります。

住宅ローンの返済額は年収の2割程度が安心と言いますが、負担の度合いは世帯によって異なるもの。

様々なサイトで自動的にシミュレートする機能が公開されていますので、一度利用してみてはいかが。

Cost of renovationリノベーション費用・資金計画のコツ

CONTACT US

CONTACT US

〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜1-5-8
SENSEISHA BLDG. 
[ 営業時間 ] 10:00-19:00 [ 定休日 ] 水曜・祝日

TEL.0120-946-887

TEL.0120-946-887

ショールーム3

TOP